キャッチ画像(バナーと同じ)




株式会社 翔栄クリエイト
執行役員 兼 ビジネスクリエイション事業部 事業部長
河口英二

業績向上、企業変革など目的にした「行動科学に基づく空間創り」を提供している。自身もプロジェクトに携わり、多数企業の業績向上支援となる空間を手がけている。




「グーグルみたいなオフィス良いよね!」


 グーグルのオフィスのような、「社員がのびのび働けそうなオフィスにしたい!」と言う声はいまだに聞こえてきます。

もちろんグーグルのオフィスが悪いわけではありませんが、御社には合わないかもしれませんよということです。

 グーグルの社風や社員の働き方、意識や気質に対してのオフィスであり、それは、皆さまの会社とイコールではないはずです。もっと言えば、海外と日本との「働き方」への感性だって違いますから、それこそ本社と日本法人とではまた違うはずです。

 肝心な中身が違うのに、見た目やテクニックだけ他社を真似ても意味がありません
 こう書くと斬新でもなんでもない当たり前の視点ですが、残念ながらオフィス空間づくりにおいては、まだ驚くほどに「当たり前ではない」のです。

「では、なぜ、グーグルのオフィスが良いと思ったのですか?」
 この質問への回答の先の先に、本当につくるべきオフィスのヒントが眠っています

「風通しがよさそうだからね」ということであれば、今の組織体制に課題を感じているのかもしれません。社風を変えたいのか、社員の意識を変えたいのか、部署間の連携なのか、会社全体のナレッジ共有なのか、経営者には「理想」となる自社の姿があるはずです。




「現状」と「理想」 オフィス空間は、そのギャップを埋めるための手法



「現状」と「理想」。この間のギャップが「課題」であり、オフィス空間づくりもこのギャップを埋めるための手法です。 」経営者の頭の中にある「うちの会社は、本当はこうあるべきだ」というギャップは、単純にカラーや形といった意匠(デザイン)や、個々の什器や機能で解決を図れるものではありません。

「今は業績も好調だが、同業で勢いのある会社が現れたので、このままだと数年後には抜かれるかもしれない」
「今は組織バランスも良いが、数年後、今のベテラン社員たちが定年を迎えたら、一時的に組織力が弱まるかもしれない」

 さまざまな経営資源の活用のうち、働く場であるオフィス空間も、経営者の理想をサポートする資源としてつくれば、企業成長を強力に支援してくれるのです。

 逆に言えば、現状のままで3~5年後も、自社の理想の状態になっていると想像できるのであれば、今のオフィスで良いのです。

 例えピカピカにきれいでなくても、今風のオフィスでなくても、業績好調で社員が生き生きとしており、採用も好調であれば「今のオフィスがベスト」なのかもしれません。 「他社のオフィスを参考にしよう!」は、間違った空間づくりへの第一歩。御社にとっての「経営資源として機能するオフィス」は唯一無二のものなのです。

※ご紹介している内容は、書籍「経営者のための経営するオフィス」から抜粋したものです。

セミナー開催中

テーマ:
「今、危惧すべきテレワーク時代のオフィス創り」

企業経営者・経営層・管理者向けセミナー
開催地:新宿

テレワーク対応オフィスの
成功例・失敗例等、事例紹介を中心としたセミナーです。

・オフィスを縮小すべきか、維持すべきか、判断に迷う…
テレワークになり、社員に想いが伝わらなくなってきた気がする…
・テレワークは生産性が高いというが、そのように感じ無い…
・出勤する人、しない人の差が目立つが、いつか業務へ影響がでるのではと懸念している…
 等

 

セミナー概要

行動科学視点から見る
「今、危惧すべきテレワーク時代のオフィス創り」

経営者・経営層・管理者向けセミナー

□開催日 :2021年11月10日(水)終了
      2021年11月17日(水)終了 

      2021年11月25日(木)
      2021年12月 1日(水)
      2021年12月 8日(水)

□時 間 :全日程 16:00~18:00

□場 所 :翔栄クリエイト本社 (新宿)

□参加費 :無 料

□対 象 :企業の経営者・経営層の方、総務・人事・経営企画部門のご担当者など

□定 員 :10名

※当社と同業種、同業界の方の参加はお断りさせて頂きます。
※録画・録音はご遠慮願います。

セミナー内容

テレワーク時代、オフィスをどうすべきか?!
行動科学の視点から見ると、違った答えが見えてきます

20年間、行動科学に基づく空間創りで企業の業績支援をし続けてきた翔栄クリエイトが、
今、増えているテレワーク向けオフィスの危惧すべきポイントと、
今後オフィスをどのように活用すべきかの具体的手法をお伝えします。

以下のように少しでも感じた事がある
経営者・経営幹部・管理職の方々、是非セミナーへお越しください。

・オフィスを縮小すべきか、維持すべきか判断に迷う、、、
・テレワークになり、以前に比べ、社員に想いが伝わらなくなってきた気がする、、、
・テレワークとオフィスワークの使い分けが、イマイチ判らない、、、
・固定席を止めて、社員が自由に座れるだけのオフィスを作る。本当にそれで良いのか??
 等

本セミナーでは、行動科学の視点から、
・ニューノーマル時代の新しい働き方に向かえていない理由。
・新しい働き方にたどり着く為には、何が必要なのか。
・その時オフィスにどのような機能を求めるべきなのか。

 等

「空間を使って業績を上げるお手伝いをする」を20年やり続けてきた経験をもとに、行動科学の視点からお話します。

お申込み

    セミナー参加希望日を選択ください

    12月開催
    会社名
    部署名
    役職名
    お名前
    電話番号
    E-mail
    ご同行者

    本セミナーをどこで知りましたか? (複数回答可)

    何かご要望ございましたら、お聞かせください。

    ※お申し込み後、受付完了メールをお送りしております。
     万が一届かない場合は、以下アドレスまでご連絡頂ける幸いです。
     info.cr@syouei.net

    ※同業種・同業界の方は、お断りさせて頂きます。 あらかじめご了承下さい。

    講師紹介

    株式会社 翔栄クリエイト
    執行役員 兼 ビジネスクリエイション事業部 事業部長

    河口英二

    業績向上、企業変革など目的にした「行動科学に基づく空間創り」を提供している。自身もプロジェクトに携わり、多数企業の業績向上支援となる空間を手がけている。

    セミナー開催数450回超え

    2010年に始まった当社の、行動科学に基づく空間創りセミナーシーズ。
    社内外を含めたセミナー講演数は450回を超える。ご参加頂いた方より高い評価を頂いております。

    主な外部セミナー登壇

    □日経Human capital
    □日経TECH EXPO
    □働き方改革EXPO
    □東洋経済新報社オンラインセミナー
    □HRカンファレンス
    □経営プロサミット
    □トーマツイノベーションセミナー
    □日経統合システムビジネス活用セミナー 等

    個人情報保護方針について