株式会社ジンテック様

お互いの存在を自然に感じられるのは、とても良いです。

株式会社ジンテック
代表取締役 柳 秀樹 様


技術も管理も営業も、
皆あそこで打合せをするようになりました。

河口:
リノベーションから約半年が経ちましたが、状況をお聞かせ下さい。
まず、新しく設けたワークスペースのセンターテーブルはいかがですか?

柳社長:
技術も管理も営業も、皆あそこで打合せをするようになりましたよ!

河口:
そうですか!良かったです!
以前は、みなさん個室で打合せをされてたので、ワークスペースの雰囲気は大きく変わってきたんじゃないですか?

柳社長:
そうですね。
話声が自然に耳に入りますし、どんな打合せをしているのか、雰囲気を感じられるようになったのは大きいですよ。

当社 河口 

河口:
この度、幹部のみなさまが一カ所に集まって頂くレイアウトになりましたがどうですか?

柳社長:
やはり、幹部が集まるのはいいですね。
お互いの話が、雑談が聞こえてくる程度に自然に耳に入ってくるようになったので
各部の状況が自然に把握できるというのはとても良いですね。

社員が上長に相談にくる際、他の幹部が周りにいる事から、最初は「相談しにくい・・・」という声もでたのですが、「部署内だけで話すのではなく、そういう話もオープンにしていこうという事なんだよ。」と意図を伝えていったら、相談に来るようになりました。

派生的にコミュニケーションが生まれているように感じます。

河口:
技術部と他部署とのコミュニケーションはいかがですか?
個室内にデスクがあった技術部に、他部署の皆がいるワークスペースに移動してもらいたいというのは、柳社長が最初におっしゃっていた事ですものね。

柳社長:
今までも、用事があれば技術の部屋に行っていたので、仕事に必要なコミュニケーションという意味では、あまり変わっていないですが、その会話や雰囲気が周囲に伝わるようになったのは、効果があると思います。


また、リノベーション直前に部門長が変わり、「他部署に対してオープンにしていくべき!」という新しい考え方で運用し始めたタイミングだったので、相乗効果もでていると思います。

河口:

そうですか!いいですね!
今までの「各部署それぞれのクオリティーを高めるフェーズ」から「部署間連携を強化するフェーズ」に入る事がミッションでしたが、いかがですか?

柳社長:
以前より動きやすくなったので、コミュニケーション自体がスムーズになっていると感じますし、部署間が近くなった事で、派生的にコミュニケーションが生まれているように感じます。部署間連携という意味では良いと思います。

皆が同じ空間にいて、お互いの存在を自然に感じられるようになったのは、とても良いですね。

河口:
コミュニケーションの変化が重なり、ワークスペース全体の風通しが良くなったというか、オープンな雰囲気に変わってきたという事ですね。

北見本部長:
そうですね。
多くの人は働きやすくなったと言っています。好印象を持っているのは間違いないです。

柳社長:
Zoomミーティングも、今まで会議室でやっていたのが、ワークスペースでやるようになりましたし、やはり、皆が同じ空間にいて、お互いの存在を自然に感じられるようになったのは、とても良いですね。

リノベーション前

会社名  株式会社ジンテック
URL http://www.jintec.com/